現代社会に欠かせないネットワークにおける風評被害

ところで風評被害って何?

風評被害という言葉を良く知っている人もいれば全く知らないという人もいます。一見難解そうに聞こえる単語ですが四字熟語などとは違い、風の噂によって被る害のことなのです。誰にでも真実とは違った噂を流されてしまったという経験はあるかと思いますが、風評被害といったレベルでは誹謗中傷、業務妨害などの大きな問題にまで発展します。風評被害による被害では売り上げ減少、従業員数の減少、最悪の場合は会社が倒産するなど非常に深刻な問題となっています。

情報化社会で広まりやすい風評

古い時代よりも現代、さらには未来に進化するほど風評は広まりやすくなります。科学技術の進化は目覚ましく現代では電子が行き交う情報化社会、情報は光のスピードで流れ世界中を駆け巡っています。ノートパソコンよりもさらにコンパクトになったタブレット、スマートフォンなどの製品も当たり前に使われる私たちの社会では、一瞬にして情報をやり取りすることが可能です。風評被害は言葉を持たない動物の世界では起こりません。言葉を持つ人類だからこそ起こる問題でもあるのです。

情報化社会のメリットデメリット

インターネットというものの普及によって情報化社会が成り立っていることは否定できない事実と言えます。情報を共有するにしても伝達するにしても瞬時に行われるそのスピードがネットワークに繋がった情報化社会の最大のメリットと言えるでしょう。無限にある情報の中には正しい情報と正しくない誤った情報というものも存在しています。風評被害とはこの誤った情報が広まってしまい業務に支障をきたすような場合を指すのです。企業を宣伝するのもネットワーク、風評を広めるのもネットワークだと言えるでしょう。

インターネットやスマートフォンの普及により誰でも情報を送受信出来るようになりました。しかし根も葉もない噂や誹謗中傷も多数あります。風評被害対策を怠ると悪影響は伝播し膨れ上がるため甘く見てはいけません。