ホームページって種類があること知ってた?

最初から作るってのは難しいけど方法はあります

ホームページを作る目的も色々で企業がそのサービス内容や商品を知ってもらうためのものと、個人の趣味や販売サイトとして作る場合などいろいろあります。又、本格的に作るとなるとHTMLの知識やその他の専門知識を必要とします。しかし最近は素人でも作れるテンプレートが多くそろい、作成が容易なアプリケーション・ソフトも販売されていて簡単に作成できるようになって来ています。作成方法としては最初はホームとなるページのデザインを計画し、画像やテキスト、写真などを配置して行き、メニューのボタンを作成して、そのボタンから飛ぶ先のページを作成し、これにリンクを設定します。これらをテストしてサーバーへアップします。

ブログから作成する方法がありこれは簡単です

ブログから作成する場合はブログ型と呼ばれ、従来型のものに比較してコンテンツ内容の更新作業が簡単に行えます。この方法だと分厚いマニュアル本を読む必要もないし時間もかからず、専門的なプログラム言語の習得もほぼ必要ありません。作成を業者に依頼したり、更新を有料で頼むことも不要なものです。問い合わせや資料請求のようなフォームも標準で備わっている場合が多く、設定する手間がかかりません。検索エンジンのSEO対策も備わっていますから集客の効果を期待できます。

料金が気になるところですが

ブログ型のホームページ作成は無料のところを利用することができます。未来サーバーを利用してWordpressのCMSをつかう方法や忍者ブログで作成することができます。また、契約しているプロバイダーが容量制限があったりする場合には、無料のレンタルサーバーをサイトで探してそこへ引っ越すという方法もとることができます。この場合には有料になる場合もありますが、サイトに広告が表示されるのを了承さえすれば容量の心配もなく無料で利用できて安上がりとなります。

ホームページ制作をする時にはレスポンシブデザインにすることが大切です。昨今では増え続ける端末に対応していく必要があります。